餃子定食500円

ミリオンライブをやれ

じゃんけんチョキ最強説

デュエマで一番大事なのはじゃんけんだと思う。何故ならじゃんけんで先行・後攻が決まるからだ。じゃんけんは基本運ゲーだと思われがちだが、ある程度なら勝率を上げることが出来ると考えている。じゃんけんも対人戦であることを忘れないで欲しい。

 

<初手>

実はじゃんけんにおいて、重要になってくるのは初手ではなく、あいこになった時である。

初手に関しては運ゲーと言われても仕方がない。しかし、あいこからの勝利に関しては別である。そのあいこからの勝利を掴めるハンドこそが<チョキ>である。

これは一般的な場合だけであって、相手が緊張している・力んでいる時が明らかに確認出来る場合はパーでも良い。力んでいるとチョキは出しにくく、グーかパーを出しやすいのである。

ここは各自の判断で見極めて欲しい。

 

<チョキであいこの場合>

チョキであいこになった時、まず大事なのはテンポである。自分から「あいこで〜〜〜〜」と発言することでテンポを取ることが必須である。恥ずかしくても、無理やりでもねじ込もう。

そしてチョキから移行しやすいのは、パーである。チョキからグーに移行するタイプの人間も稀に存在するが、自分から「あいこで〜」と発言することによって、相手は考える余裕がなくチョキからパーに移行しやすい。

この時の状態は下の様になると推測している。

 

チョキであいこ→(あいこで〜宣言)→どうしよう、チョキ連打は嫌だな→グーorパー→チョキからグーは握りにくい→パー

 

この理論がじゃんけんチョキ最強説を唱える大黒柱である。

実際あいこになったハンドを連打したいかどうか考えて欲しい。あまり連打したくないと思うのではないか?

ムシキングでじゃんけんはあいこになった時、あいこのハンドに対して負けを出すと昔教わった人も多いはずだ。

今回の場合はチョキからグーにするのは、チョキの形的にも中々難しいものであり、相手にテンポを取られている状態ではグーは出しにくく、チョキから開くだけのパーを無意識の内に選択してしまう場合が多いはずだ。

ここで勝てなかったらチョキ連打し続けるしかない。俺はそんな状況に陥ったことがないので、正直考えたことがない。

 

<それ以外のあいこ>

知らん。俺はチョキしか出したことがないから考える必要がない。異論がある人は各自で考えてくれ。

 

<結果>

実際この理論を勝手に思いついてからのじゃんけん勝率は7~8割はある。チョキを信じろ。

 

いつもじゃんけんに負けて悔しい思いをしてる人は、参考にして欲しい。もしその日じゃんけんで負け越しても、俺のせいにしてくれれば気持ち楽になるはずだ。

まあ、正直じゃんけんなんて運ゲーだし、真面目に読んでくれた人ごめんなさい。構築で差をつけた方がいいと思うよ(*^◯^*)